ARGUMENT blog

吉祥寺のスケートショップARGUMENT ライダー・スタッフのブログ      ライダー:出雲秀陽、澤田洋次郎、高橋一慶、山本ジョー、Daniel  Pulvermacher、新井洋平、宮里友晴、高橋悟、小山正敏

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUPPORT YOUR LOCAL SKATE SHOP


今日ARGUMENTでも取引をしている代理店からメールが届きましたので、ここに転載します。
これはデリケートな問題なので、かなり気を使った文章になっていてわかりにくい箇所があるかもしれませんが、ここでいう「インターネット上に乱立する安売りショップ」というのは、要するに輸入代理店を通して商品を仕入れている正規販売店ではない並行輸入業者などのことです。


以下転載~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

SUPPORT YOUR LOCAL SKATE SHOP

みなさんが読んでいる、スケート雑誌がどのように成り立っているか考えたことありますか?

広告を出している代理店や、お店からの広告費で紙が印刷され、みなさんの手元に届けられています。隔月、または年に2回の発行を楽しみにしているスケーターたちに情報を届けたり、興奮、感動を与え続けるために製作者は努力し、その努力を形にするために協力しているのが代理店、または各地域のスケートショップです。

みなさんが日ごろ滑っている個人で運営しているパークや、パブリックのパークが、どのようにして作られたか考えたことがありますか?

個人で運営されているパークは、運営している人がお金と時間と労力をかけて作ったものです。もちろんローカルのスケーターたちのヘルプがある場合も多々ありますがこの場所を確保するためにリスクを背負っているのはスケートショップです。

パブリックのパークはどうでしょう?

各地域に存在する、スケートショップやスケーターが力を合わせ行政を動かし、形にしたものがパブリックパークです。個人経営のパークに比べれば、各人が負担するお金は少ないでしょうが、大変な時間と労力を必要とします。役所の人と話をするのは簡単なことではありません。署名を集めたり、行政と話をつけるために動いてくれているのは誰でしょう。完成したパークが閉鎖されないように秩序を保つために尽力しているのは誰でしょう? 地元のスケートショップです。

ではパークが存在しない、都市部のエリアに存在する100%ストリートではどうでしょう。長年レッジにワックスを染みこませたローカルスケーターたちがいます。街でのスケートを進化させてきたローカルスケーターたちがいます。

そんなローカルスケーターを支えてきたのは地元のスケートショップです。

ここで述べたスケートショップというのは、商品を輸入している代理店から商品を仕入れ

販売している正規販売店のスケートショップです。このスケートショップが代理店から商品を仕入れることによって代理店業務は成立しています。代理店はそのブランドの宣伝をするためや、雑誌が定期的に発行されるのを助けるためにスケート雑誌に広告を出したり、ブランドを宣伝してくれる日本のライダーをサポートしたり、取り扱いブランドの本国ライダーを日本に呼んでツアーやデモをしたりしています。 

現在インターネット上に乱立する安売りショップの数々。この状況がさらに進んでいったら何が起こるでしょうか?今まで国内のスケートボードを支えてきた、代理店、販売店、メディア、スポンサーを受けるスケーター、海外チームのツアーなどが存在していた図式が崩れ始めます。代理店と正規販売店の間で確立されていた商品の安定供給も難しくなるでしょう。スケーターにとっては消耗品であるデッキやパーツなどが安く買えるのは嬉しい状況かもしれませんが、インターネットの安売り店から買わなくても安いデッキは各地の正規販売店でも手に入ります。

代理店にある古い在庫を買えば、お店でも安く販売出来るモデルがあるはずです。

お金がなくて、どうしても安いデッキしか買えない、そんな時はショップに相談すれば

なんとかなるはずです。お金に余裕があれば、定価のデッキを買ってローカルサポートをしてあげると地元のスケートシーンは活性化していくはずです。

みなさんがスケートをする環境をよりよくするためにも地元のスケートショップをサポートしてあげてください。地元にスケートショップが存在せず、やむ終えず通販で購入している方は是非正規販売店の商品を買ってあげてください。通販を手広くやっているお店は、直接お客さんに会うことが出来ない分を、情報提供などの方法でカバーしているところもあります。よいお店が見つからないという場合には私たちが責任を持って紹介します。

代理店+販売店+消費者+メディア+本国のブランドが手を合わせ、みなさんのよりよいスケート生活をサポートしていくために私達は努力いたします。

ADVANCE, BIG WING , BP TRADING, BOARDKILL, HASCO, KUKUNOCHI, PIC, SECRET CUT, VISTAS

アルファベット順

以上転載~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



それぞれ色々な考え方があると思います。
とにかく安ければどこで買っても良いという気持ちも良く理解できます。
僕もスケートショップを始めて代理店の方たちと話をするまでは、この事について考えたこともありませんでした。
と言うか、恥ずかしながらこういった問題がある事も知りませんでした。

スケーターは色々な考え方の人がいて、みんな違うところが面白い所だと思うので、これを読んでどう感じようが自由だと思います。
消費者であるスケーターがわざわざこんな事を考えてスケボーしなきゃいけないなんていやですもんね。
ただ、こういった問題があるということを知ってもらおうと思って転載しました。
以上、最後まで読んでくださった方ありがとうございました。




Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

ARGUMENT.SB

Author:ARGUMENT.SB
www.argumentskateboards.com

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
5406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
576位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。